宮本三郎ふるさと館企画展【美の果実〜収集された宮本三郎〜】

宮本三郎(1905-1974)は、小松市松崎町に生まれ15歳で故郷を離れ上京後、昭和画壇を代表する画家となり、その優れた描写力と色彩は今もなお人々を魅了しています。 本展は「美の果実〜収集された宮本三郎〜」と題して、小松市内外のコレクターの方々にご協力いただき、集められた宮本作品をご紹介します。

晩年に描かれた花の作品は号数に関わらず、画面いっぱいに描かれています。筆致や色使いからは花の生命力、描くことへの喜びをうかがうことができ、観る者を華やかな世界へと誘います。また、人物画を描く上で宮本は「親しみを感じさせる生活空間を描くことで、観者も又、画家と共にモデルに向い会っているという感情に誘うような、そういう画面を常に求め続ける」(「花と裸婦を描く」『三彩』1967年8月号)と語っています。人物の何気ないしぐさや、モデルの内面が見え隠れするような作風から、観賞者もモデルの魅力を感じとれるのではないでしょうか。

風景や静物、人物デッサンなど普段は目にすることができないコレクター秘蔵の作品をこの機会にお楽しみ下さい。



会 場:宮本三郎ふるさと館 (小松市松崎町16-1)

会 期:令和2年1月4日(土曜日)〜3月8日(日曜日)

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌日)、祝日の翌日

入館料:一般400円、大学生200円 (宮本三郎美術館と共通)

※団体20名以上で一般300円、大学生150円

※高校生以下入館料無料

※障がい者手帳等お持ちの方と介助者1名は入館料無料

※こまつミュージアムパス対応



【関連イベント】 ※詳細はチラシをご覧下さい。

・親子凧作り教室 2月1日(土曜日) 10:00〜15:00 ※要申込み

・美術館でシャンソン 3月1日(日曜日) 14:00〜15:00


小松市立宮本三郎美術館
〒923-0904
石川県小松市小馬出町5番地
TEL 0761-20-3600
mail:msm@city.komatsu.lg.jp
【分館】
宮本三郎ふるさと館
〒923-0982
石川県小松市松崎町16-1番地
TEL 0761-43-3032

当館について
ご利用案内
アクセス
販売図録・グッズ一覧表
年間スケジュール

小松市立博物館
小松市立錦窯展示館
小松市立本陣記念美術館


copyright(c) komatsu city All Rights Reserved.