テーマは「ふるさとこまつの文化」〜加賀の自然と歴史を知る〜

加賀平野を取り囲む山々と日本海、 そしてその中ほどに位置する木場潟、 山紫水明に恵まれたまち、小松。 木場潟の水辺にたたずめば そこには古代から変わらない優美な白山の姿があります。 目の前に広がるその景色に 私たちの先祖は何を見たのでしょうか。

こうした自然に抱かれてくらした人々が この地に残したもっとも古い足跡は 約2万年前のものです。 そして、現在に至るまでこの土地で 泣き笑い、育み、 無数の人々の暮らしが 営まれてきました。 現在の私たちのくらしも、 そうして培われてきた礎の上にあります。

2017/04/05 博物館資料を利用した「にっぽん風景なび」のサービス開始!
Page : [3] << | 1 2 3


 
 
 

copyright(c) komatsu city All Rights Reserved.