館蔵品展「花・花・花」のご案内です

平成25年11月19日(火)より平成26年3月2日(日)まで、下記のとおり「花・花・花展」を開催します。

展覧会名:館蔵品展「花・花・花−絵画、工芸にみる華麗な表現」
会期:平成25年11月19日(火)から平成26年3月2日(日)
時間:午前9時から午後5時
休館日:月曜日(祝日の場合その翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日から1月3日)入館料:一般300円(20名以上の団体は250円)、高校生以下無料
    こまつミュージアムパスポートは使えます。


「花」は、絵画や工芸のモティーフとして、時に吉祥を象徴するものとして、時に若さや勢いを象徴するものとして、あるいは姿の華やかさが好まれ、さまざまな姿で描かれます。
 画面いっぱいに咲き誇る梅や牡丹、人物の背後の襖絵を飾る菊花、陶磁器や漆芸品に描かれた秋草や唐花文など・・・。
 小倉遊亀、橋本明治、前田青邨らの描く花盛り、川端龍子の存在感きわだつ山百合、松平不昧の描くかれんな朝顔などの日本画と、北出塔次郎、徳田八十吉、今泉今右衛門、永楽善五郎妙全らの陶磁器、そして大垣昌訓や前大峰らの漆器、合わせて約40点を展示します。

ギャラリートーク:12月15日、1月26日、2月23日。(いずれも日曜日)
         それぞれ午前11時から、午後2時から、の2回行います。

ポスターでエコバッグ作り:1月26日(日)午後3時30分から。持ち物:ハサミ

小松市立本陣記念美術館
〒923-0903
石川県小松市丸の内公園町19番地
TEL 0761-22-3384

当館について
ご利用案内
アクセス
販売図録・グッズ一覧表
年間スケジュール

小松市立博物館
小松市立錦窯展示館
小松市立宮本三郎美術館


copyright(c) komatsu city All Rights Reserved.